戯曲『甘い丘』

戯曲『甘い丘』

¥1,500 税込

送料についてはこちら

桑原裕子『甘い丘』戯曲本、重版出来! 長らく入手困難の状態でしたが、穂の国とよはし芸術劇場PLATにて上演される、市民と創造する演劇 『甘い丘』の上演を機に再販売します。 KAKUTAで2007年に初演、2009年に再演し、第52回岸田戯曲賞の最終候補にノミネート、平成21年度第64回文化庁芸術祭賞新人賞を獲得した作品を文庫本にまとめました。 ぜひみなさまこの機会にお買い求めください! ※本商品はお客様のご自宅に発送いたします。迅速に発送を行いますが、到着まで数日いただきます。 ■書籍サイズ 文庫サイズ 縦:150㎜×横:105㎜× 厚さ:11 ㎜ ページ数 208ページ ■『甘い丘』は、こんな本です。 【Feature ①】 桑原裕子初の戯曲本! ・第52回岸田戯曲賞最終候補作品、待望の戯曲化 ・同作品で2009年、文化庁芸術祭新人賞を受賞 【Feature ②】 読み物がいっぱい! ・恩師・平田オリザ氏と桑原裕子の特別対談は、懐かしくも読み応え充分 ・KAKUTA女子メンバーが赤裸々に語り合う女たちの座談会を収録 ・桑原裕子書き下ろしエッセイもあります 【Feature ③】Fumikuraの楽しいこだわりが満載!  ・ポケットの中にすっぽりはいる文庫サイズ ・軽くてコンパクト!洋書のようなペーパーバックのデザイン ・漫画家・柊ゆたか氏によるパラパライラストつき ―― おはなし ―― 丘の上に建つ砂川サンダル工場。働くのは女性が8割、それも前科者や家のない者と、ワケありの人間ばかり。 夫に逃げられ、行き場を無くした専業主婦・かの子は、夫への絶望と復讐心を抱き、同時に夫が迎えに来ることを心待ちにして、この工場に住み込みで働き始めるのだが……。 移り変わる四季の中で、汚れた工場の粗暴で猥雑な女たちに囲まれ、寮母として働くかの子の一年を描く。 愛を逃した女、愛も枯れた女、そしてまだ愛を乞う女たちの渇望と再生のものがたり。 ―― INDEX ―― はじめに 開演前のごあいさつに寄せて(2007.2初演時パンフレットより )  甘い丘 戯曲  ― オープニング かの子のまぼろし  ― 第1場 蒸し暑く晴れた真夏の正午  ― 第2場 夏の虫鳴く、晩夏の夜更け  ― 第3場 穂が揺れる、秋の日暮れ前  ― 第4場 吹雪訪れる真冬の夜  ― 第5場 桜散る、春の午後 上演記録 平田オリザ×桑原裕子 特別対談 ~15年目の再会は甘い丘の上で~ KAKUTA女子座談会「わたしの女が疼く(うずく)とき」 エッセイ「働く女」  桑原裕子 おわりに  Fumikuraからのごあいさつ